こどもと

くらし・絵本・おもちゃ・お出かけ・学習など育児ネタがメインの主婦系ブログです

海外旅行直前で子どもがインフルエンザに!キャンセル料総額40万越えを交渉しまくって3万になった話

f:id:mirareso:20170318215750j:plain

こんにちは。今頃なら家族みんなでシンガポール満喫中の予定だったのですが、まさかの出発日2日前に息子が発熱。翌日病院にいったらインフルエンザと判明。半年前から準備をしていた旅行はあっけなく中止となったのでした。

このキャンセルの話を記事に残しておきます。今後同様に、海外旅行の前日に同行者がインフルエンザなどにかかってしまった…という方の参考になりましたら。

 前日キャンセルだと旅行のキャンセル料は基本100%

インフルエンザだと判明したのが前日のお昼前だったので大急ぎで航空券、現地の宿泊先、アクティビティ、海外旅行保険をキャンセル手続しました(※ツアー会社は使っていません、全部自分で手配)。予定では翌日の早朝7時の便だったからです。

ざっくり契約書に目を通すと、あたりまえだけど航空券もホテルもほぼほぼ返金なしです!試算するとキャンセル料40万くらい?ツアーでも前日キャンセルなら100%ですよね。自己手配でもそれは一緒です。

航空券はインフルだと搭乗できないため、全額返金

まず全日空から。地元の空港から羽田乗り継ぎでチャンギ着が一番時間的にも金額的にも良かったのでSQ乗りた~い☆みたいなミーハーなことは言ってられません。ANA一択です。JALでもよかったのですが、そちらは深夜便だったので…。

ANAとJALはインフルエンザや水疱瘡、おたふくなどの感染症にかかってしまった場合は飛行機に搭乗することが出来ません。感染症にかかった診断書を提出することで、キャンセル手数料不要で全額返金されます。

→よくある質問「インフルで乗れますか?」

 http://www.ana.co.jp/service-info/share/assist/faq.html#anchor015

クレジットカードで先払いしている場合は、クレジットカード会社経由での返金となりますので数か月かかることもあるそうです。まずは航空会社に電話をしてインフルエンザにかかってしまったということを伝えましょう。

私は返金が通常のキャンセルポリシー(私の買ったのは1人2万円の手数料でキャンセルできる航空券だったので、本来は8万払えば全額戻ってきます)でもかまわないから返金してもらうつもりで電話をしたのですが、「インフルエンザでしたら当社規定によりキャンセル料なしでのご返金が可能となります」と言われました。航空券が一番金額デカいので、ありがたいです!

なお、日系以外の航空会社でもおおむね同様とのことです。診断書はFAXもしくはインターネットからスキャンデータをPDFファイルで送信でした。

当たり前だけどインフルは搭乗禁止です

ネットで見てると、マスクすりゃいいだろ、バレなきゃいいだろって乗ってしまう人もいるようですが、機内は乾燥してるし温度もいい感じなので菌が増殖しまくりで機内に居合わせた人が悲惨な目にあいます。絶対にやめてくれ…と思いました。

学校などの出校停止期間と同じで、発熱から5日間以上かつ解熱後2日経過していないとNGです。

小児科の先生いわく、インフルの潜伏期間は2日程度とのことでしたので、もし自分がインフルのまま飛行機に乗ると、旅行の同行者はもちろん、機内に乗り合わせた2泊3日の人にうつるとその人は海外から5日以上帰ってこられなくなります。

お金が心配なら、返金はきちんとされますので安心してキャンセルして家で休みましょう!

海外旅行保険はあっさり解約・全額返金

私は当日でも加入できてネット加入限定で最安値でおなじみの損保ジャパンの海外旅行OFFという海外旅行保険のファミリープランに加入(SIN1週間4人で5000円)していました。こちらは電話をすると、電話では解約手続きが行えないためネット上のマイページから必ず解約をするようにとのことでした。解約はログイン後、ボタンひとつです。

こちらもカードで支払っている場合は、カード会社経由で数か月後の返金になります。

海外ホテルは交渉次第

ホテルは今回2か所とっていて、Booking.comで取ったグッドウッドパークホテル(以下GWP)と公式サイトから取ったシャングリララサセントーサ(以下ラサ)です。どちらも3泊ずつ、宿泊費用はGWPが13万、ラサが16万程度です。どちらも予約時にクレジットカード情報を渡していますので、キャンセルすれば自動的にポリシーにのっとった料金が引き落とされるようになっています。

Booking.com予約は1泊分がキャンセルポリシー

GWPのほうは前日だったこともあり、全額支払いを覚悟していたのですがBooking.com経由で予約したものは初日1泊分の支払いでOKとのことでした。キャンセルポリシーは宿泊先や、予約したプランによっても違います。

インフルエンザになったことなどを電話やメールなどで交渉しましたが、Booking経由で問い合わせてくれの1点張りで、結局インフルだろうがキャンセル料は1泊分よろしくということになりました。

Booking.comはサイトから日本語で問い合わせ可能で、返事も日本語で返ってきます。キャンセル料の減額も、宿泊先へのリクエストフォームから行えるようになっていて、日本語でOKです。Bookingの人が間に入ってくれるんだと思われます。返事は日本語に翻訳してありました。(※なお、急ぎの場合はBookingのサポートデスクに電話すると日本語での対応も可能とのこと)

シャングリラ公式はキャンセル料不要にしてくれました

もうひとつのラサのほうは、1週間前から100%キャンセル料がかかる規定になっていましたが、こちらはインフルエンザですっごく楽しみにしてたのに行けなくてつらい…!とメールでアピールしたうえで、日本語の通じる宿泊デスクにも電話を入れてみました。

交渉の末、インフルの診断書があれば、という話になり、ANAのために用意した診断書をラサのほうにも送ることにしました。宿泊デスクの担当の方は日本人でしたが、サポセンがクアラルンプールにある?国際電話かかってきましたw

診断書を送ると、内容をデスク担当の方が翻訳したうえでラサの宿泊担当者に交渉してくださって、こちらはキャンセル料がかからないでよいということになりました。ありがとうございます!

次行けるチャンスがあったら絶対泊まります!

現地アクティビティのチケットもダメモトで交渉してみた

ここまでくりゃ事前予約したシンガポール動物園のチケット(すげー高い、親子4人で2万くらい)もなんとかならんだろうか…と公式サイトの利用規約を翻訳してチェック。返金は不可と書かれていました。が、変更はできるっぽい。

ならば、と返金できないなら次回いくとき(日付は未定だけど例えば夏休みとか)に変更できないでしょうか?という感じのメールを送ってみました。

返事帰ってこないので、まあダメだろうと思ってたら担当の方から「いま返金処理できるかどうか調整しているよ!もうちょい待ってね!お大事に!」みたいな返事がきました…!んでその翌日、返金処理を受け付けましたのでカード会社経由で2~3か月後に返金されます。またおいでね!というメールが…!!!

うわあああん絶対また行くからああ!!

まとめ:感染症なら迷わず旅行キャンセル、各方面へ連絡を

インフルなどの感染症ならこのようにほとんど返金される可能性が高いですのでスパッと諦めましょう。旅行会社のツアーだったらもっと簡単だと思います。連絡先はツアーデスク1か所ですので簡単です。返金はツアーによると思いますが、ネットで調べてた感じだと感染症の場合は戻ってくるケースも多くあるようです。

うちは2日前の夜間に発熱だったので、前日のうちにインフルが確定してたから動きやすかったのですが、旅行の前の晩に38度超えだと判断つかないですよね。朝の時点でもまだ熱があるなら旅行はまたの機会にするか、航空会社やツアーデスクに朝イチで電話相談したほうが良いです。解熱剤つかって子供を海外に連れてくとかやめましょうね…。

子供がいるとどうしても予定していたことが中止になりがちですが、幸いなことに私はいままで1回も中止したことなかったんですよね。今回初だったわけですが、案外あっさり諦めついたので自分でもびっくりしています。

お金もそのうち戻ってくるし、せっかく子供のパスポートもとったので、夏休みにでもリベンジできたらな!と思っています。

広告を非表示にする