こどもと

くらし・絵本・おもちゃ・お出かけ・学習など育児ネタがメインの主婦系ブログです

「誕生60周年記念ミッフィー展」を見に、島根県益田市にあるグラントワへ行ってきました!

f:id:mirareso:20161017000631p:plain

9月17日から10月31日まで、島根県立石見美術館「グラントワ」にて開催されている、ミッフィー展。

こちら、他のエリアで開催されているときは遠すぎたり都合が悪くて行けなかっため、今回最後のチャンス!ってことで、家族みんなで遠征してみました。遠かったけど、行ってよかったです!

 グラントワは美術館と芸術劇場が一緒になった施設

まずこの開催場所がすごい。場所がクソ田舎なのは想定内として、ごく普通の民家が並んでいる集落に突如現れる謎の空間って感じで、異世界感すごいです。

f:id:mirareso:20161017000921p:plain

こちら側が正面玄関(駐車場は裏側にある)なんですが、この入口のドアがすごい。エレベーターの扉みたいなデザインです。施設の中から見ると、エレベーターの入り口かと思って近づいたらなんと入り口だった、という。

この施設もパッと見よくわかりませんが、近づくと

f:id:mirareso:20161017001112p:plain

こんな感じで、オール「石州瓦」です。瓦って屋根につけるものじゃないのか…と目を疑ってしまいますが、外壁はもちろん、内壁も瓦でした。

島根県芸術文化センター「グラントワ」

ミッフィー展に入らなくてもお買い物はできるミュージアムショップ

まず目に入ってくるのはミュージアムショップです。常設のショップと、展示の入り口に設置されているショップと2ヶ所ありました。置いてある商品は微妙に違うので、両方覗いてみたほうがいいですが、財布にお金がいっぱいあると5桁単位で飛んでいくの間違いないので気をつけましょう。

f:id:mirareso:20161017001347p:plain

常設のショップには、写真の置物や、お菓子類、Tシャツ、カバン、食器などありました。

ミッフィー展のみでしか販売されていないグッズもありましたが、どこででも買えるようなのもあると思います。

f:id:mirareso:20161017001434p:plain

こちらが展示の入り口に設置されていたショップです。マスキングテープやノートなどの文房具や、エプロンやTシャツなどもありました。

私がつい買ってしまったのはこちらです!有田焼のマグカップ(3500円と超高いけど数あるマグの中ではこれが一番良かった)、マヨネーズケース、スライド缶ケースにはいったチョコレート、マスキングテープ。

f:id:mirareso:20161017004050p:plain

子連れ入場だと、子どもには冊子とシールがもらえる

幼児の入場は無料ですが、同伴していると子どもの人数分バインダーにはさまれた冊子とシールをもらえました。こちらは、小さな子供でも展示を楽しめるように工夫されています。

f:id:mirareso:20161017001756p:plain

展示されている原画はかなり沢山あるのですが、その中から同じ絵をさがして、見つけたらシールをはろうね!というものです。よくできています。最後のページにはミッフィーを書いてみようというページもあります。

大人がゆっくり楽しめるよう、こういった仕掛けや、展示室内にブルーナさんがミッフィーを書いている映像なども流されていました。

基本的に撮影NGだけど、一部OKの箇所もあり

展示室内は撮影禁止ですが、入り口と出口の一部で撮影OKの場所がありますので、記念写真なども撮ることができます。

こちらは展示入ってすぐのところに設置されている金ピカのミッフィーで、横をよく見るとブルーナさんのサインがはいっていました(笑)

f:id:mirareso:20161017001932p:plain

写真は撮れていないですが、出口のエリアや、美術館内の資料閲覧場所(プチ図書館みたいなエリア)にブルーナ絵本が沢山置いてありました。

ミッフィー展まとめ

子どもも楽しめたり座って待っててくれるところ(映像見るスペースには椅子あり)もあるので、普通の美術館よりはじっくり見ることができました。普段ブルーナ絵本を読んでいる子どもなら楽しく絵を見るでしょうし、いつも見ている絵本でボツにされた原稿(たとえば、うさこちゃんのママにあかちゃんが出来る絵本では、ボツ原稿におなかのなかに胎児がいるイラストとかあって「ほえ~!リアル!」ってなりました)もあって面白いです。

ブルーナさんの絵本が出来上がるまでの工程も、トレペにスケッチしたものからフィルム刷版の原稿まで多数展示してあったのも興味深かったです。

ブルーナ氏は色紙と透明フィルムを使った独自の方法で制作を行う。まず、トレーシング・ペーパーにスケッチをする。それを画用紙に重ねてスケッチを上からなぞり、画用紙に溝をつける。ポスターカラーで慎重に溝の部分に線を描き、透明フィルムに焼き付ける。同様にトレーシング・ペーパーのスケッチをなぞって色紙に跡をつけ、窪んだラインをはさみで切りぬく。画用紙、色紙、透明フィルムを順番に重ねると印刷原稿が完成となる。

60年分のありがとうが詰まった展示、「誕生60周年記念 ミッフィー展」(2) | デザイン情報サイト[JDN]

 

この展示は、島根県の開催が最後かもしれませんので、まだ行けていない人はぜひ行ってみてはいかがでしょうか?若干アクセス悪いですが…。グラントワから1時間以内の場所に、水族館のアクアスもありますので子連れならハシゴすれば楽しい1日になりますよ~。

60周年記念 ミッフィー展の特設サイトはこちら

www.miffy60-exhibition.jp

グラントワの展示を見に行くなら、グラントワの特設サイトで入場割引券のPDFファイルがダウンロードできますのでチェックしておくと良さそう。

島根県芸術文化センター「グラントワ」 | 島根県立石見美術館 | 企画展「誕生60周年記念 ミッフィー展」

 

広告を非表示にする