こどもと

くらし・絵本・おもちゃ・お出かけ・学習など育児ネタがメインの主婦系ブログです

幼稚園のお話し会や夏の読み聞かせにオススメの絵本

f:id:mirareso:20160711110951j:plain

 幼稚園の読み聞かせ行ってきました~。この時期は読み聞かせイベントが多いのか、図書館での大型絵本や普通の絵本でも夏がらみの絵本はどれも貸出中で参った。早めに行動しておかないとダメですね。

 さて、うちの幼稚園では保護者が毎月1人幼稚園に行って、30分くらい絵本や紙芝居などを読んであげる行事があります。

前回の私の読み聞かせは1月だったようです。前回は下ネタ系でいったけど、今回は普通の本です…。(面白系の絵本も貸出中だった、くやしー!)

www.kodomoto.link

 

読み聞かせ30分なら4冊くらいが適当な感じです

 今回持って行った本は

  • めがねうさぎのうみぼうずが出る!!
  • やまからきたぺんぎん
  • ろばさんのかわいいバッグ
  • おしゃれなおたまじゃくし

 の4冊です。体調よかったらもうちょい読んであげられるけど、気管支炎がまだ完治していないので控えめに…。夏場は暑いので、聞いてる方も集中力が持続しないだろうから、30分くらいが切り上げる目安かなっとも思いました。

めがねうさぎのうみぼうずがでる!!

めがねうさぎのうみぼうずがでる!!

 

 こちらはせなけいこさんの定番、めがねうさぎとおばけのシリーズ。子供はせなさんの絵が大好き。このシリーズを知らなくても、せなさんの絵本は何かしら見たことある子供ばかりだから馴染みがあります。ちょっとくだらない感じもゆるくていいです。知っている子も多い本は、「しってる~!」「みたことある~!」と食いついてくるので、読み聞かせのトップバッターにもってくると良いです。

やまからきたぺんぎん (おはなしえほんシリーズ)

やまからきたぺんぎん (おはなしえほんシリーズ)

 

 これは夏っぽい絵本を探していたけど、ほとんど全滅で残っていた中から厳選したやつ。ペンギンとかき氷という組み合わせが夏らしくて良いです。中身が理解できるのはちょっと年齢高くないと難しいかな。年長~小学生低学年向けかな?

本当はダメなのかもだけど、読み聞かせ中でも、意味がわからなさそうなところは少し細くしてやると年少さんでもついてこれます。※誘拐描写があるので、この本は防犯訓練とかの後にもオススメです!

ろばさんのかわいいバッグ (チャイルドブックアップル傑作選)

ろばさんのかわいいバッグ (チャイルドブックアップル傑作選)

 

 大型絵本です。今回夏系はなかったので、大型絵本は「ものをつくる」で攻めてみました。うちの園はモンテ園なので、ものづくりの大変さは子供たちもよく知っているwので共感してもらえたようです。

この絵本は、普通サイズ、大型サイズ、超大型サイズと種類があります。読み聞かせ会にぴったり。クライマックスが見開きで横4ページ分になる大迫力ですが、ここは大人が2人いないと本が開けませんのでご注意を…。

おしゃれなおたまじゃくし (わたしのえほん 11)

おしゃれなおたまじゃくし (わたしのえほん 11)

 

 読み聞かせのラストにもってくるのは、やっぱりお笑い・おもしろ系がおすすめです。しんみり終わるとなんとなく後味わるいので、子供が喜ぶやつをチョイスすると楽しく終われて気分が良いです。

この絵本は私も園の先生も知らなかったのですが(※でも大型本があるということはメジャーな話なんだと思う、ロングセラーのようです)むちゃくちゃ面白いです。おたまじゃくしに頼まれて服を作るのですが、出来上がる頃には足が出たり手が出たりで何回も作りなおすはめになるのですが…というあらすじなんだけど「またかよ!!!!!!!」みたいなツッコミが園児から入りますwおおウケです。

私のように未読のかたは損してますので、ぜひ読んでみてください。あと最後に尻がならぶページがありますが、この絵がかわいすぎて萌え死ねます。

夏の読み聞かせにオススメの絵本はこちら

もちろん家庭での読み聞かせでも良いですし、イベントでも使える本をいくつか紹介しますね!

うみの100かいだてのいえ

うみの100かいだてのいえ

 

  ド定番ですが、100階建シリーズで、うみのものがあります。深海ものです。大型本がありますので、読み聞かせならそちらがオススメ。かなり大きいサイズなので大人2人で持って、低めのテーブルか、人数によっては床に置いて見えるようにしてやると良いです。

 

なつのいちにち

なつのいちにち

 

 大人になったらこういう本は読むだけでなんだか泣けてきます。昭和の子供ってこんなだったはず。いまの子供にもこういう体験をさせてやりたいものです。

同じような話でこちらもおすすめ。

まほうの夏 (のびのび・えほん)

まほうの夏 (のびのび・えほん)

 

 都会ぐらしの兄弟が夏休み田舎へ泊まりにいって、さまざまな体験をするお話。ほんとうにこういう体験をさせてやりたいもんだけど、田舎に住んでいる自分でもこういう体験をさせてやるのはなかなか難しいです…。どこでできるんだろう、もっと田舎か。

 

こぐまちゃんのみずあそび (こぐまちゃんえほん)

こぐまちゃんのみずあそび (こぐまちゃんえほん)

 

 ちいさめの子供さんなら断然おすすめなのがこぐまちゃんシリーズ。読んだ後は水遊びがしたくなること間違いなしです!

ほかにもありますが、おばけ、夏の食べ物(すいかとか)、水遊び・海水浴系などを中心に、その季節ならではの絵本で四季を感じるのも良いですよね!

以上です!

広告を非表示にする