こどもと

くらし・絵本・おもちゃ・お出かけ・学習など育児ネタがメインの主婦系ブログです

[レシピ本]永遠の定番A.R.Iさんのマフィン本と道具のこと

f:id:mirareso:20160116213321j:plain

連続100日更新に挑戦していますがすでにネタもなく、普通の日常を書いても面白くもなんともないのでせめて誰かのためになれば?と思ってずっと好きなA.R.Iさんのマフィンレシピ本の紹介でもしてみます!

A.R.Iっていうのは青山にある焼き菓子やさんです 

まず、A.R.Iさんをご存じない方のために、公式サイトがなかったので食べログを貼っておきます。(A.R.Iのブログはこちらです)

tabelog.com

青山駅出てけっこうすぐのところにありますが、ビルの2階にあって若干わかりにくい。マフィンメインだけど、ビスケットなどもある焼き菓子やさんです。マフィンは季節の果物がたっぷりはいったボリュームのあるもので、贅沢なバターの味と焼けた粉の香りがとっっっっっても美味しいです。

私が10年ずっと使ってるマフィンレシピ本はこちら

このお店のレシピを忠実に再現していると思われるレシピ本がこちらです。

 

A.R.Iのお菓子の提案―dailyマフィンとビスケット

A.R.Iのお菓子の提案―dailyマフィンとビスケット

 

 2005年にこの本を買って以来、ずっと手元に置いてあります。中もかなり作りこんだのでボロボロです。このブログの冒頭の写真は私がつくったA.R.Iさんのマフィンです(若干砂糖の量を変更していますが)。さすがにA.R.Iさんのお店もこの本と今のお店のレシピは違うかもしれないけど、それでもこのレシピ本は最高です!

マフィンが好きすぎて買ったのがコレです

あんまりマフィンを大量に焼くので、ついにはこんなものまで買ってしまいました。大きさよくわかんないと思うので、比較のために箱ティッシュ(ネピア)置いときますね。

f:id:mirareso:20160116220242j:plain

クッキーとかも100枚以上のります!ケーキクーラーです。丸より角のほうがいっぱいのると思って。

f:id:mirareso:20160116220348j:plain

12個焼けるマフィン型が2個と、6個焼けるマフィン型が2個です。6個のほうは、12個のを買った時にいくつか友人におすそ分けしたんだけど、ちょっと焼くときに12個だとでかいので2セットだけ残してあるんですわ。

この型にはグラシンカップをしいてから生地を入れるんですが、グラシンカップは一番コスパのいい1000枚セットのやつです。何百枚も使ったけど、まだいっぱいあるよォw

アメリカか!?アメリカかよ!?というツッコミありがとうございます。実際このケーキクーラーとマフィン型はグアム(一応アメリカだ)で買いました。もうね、探したよね、一応アメリカなんだからでかいマフィン型とかあるはずだって!!!!実際あったよね!!ロス(Ross Dress for Less)に…。なんでもあるな…。

以上、もしアメリカンなマフィンを作ってみたいわ~という方には超絶オススメしておきます。

[追記]この記事けっこうアクセスあるので追記します

f:id:mirareso:20160626164024j:plain

(2016年6月26日追記)先日熊本震災のチャリティーイベント(身内サークルで)があり、そこへマフィンを出すことになり、久々に60個位焼きました。こどもが寝てからだったので、60個が限界だったけど、楽しかったです。

大量に焼く時は、写真のようにあらかじめ前日までに計量しておくのがポイントです。バターは120gずつラップにつつんで、タッパーなどにいれて冷蔵庫へ(作業日にやわらかくなるよう、3時間前くらいに冷蔵庫から出しておく)。粉類は、薄力粉とベーキングパウダーと塩は一緒にビニール袋へ(ベーキングパウダーは水分と反応することで膨れるので、あらかじめ小麦粉と混ぜておくことに問題はありません)。砂糖類は砂糖類のみでビニール袋へ。卵は常温のままにしておきます。

チョコチップなども計量してラップしておいてもいいですが、ジャムとかピーナツバターみたいなのはラップに付着してロスが出るのがもったいないので、直前計量がおすすめです。(容器→はかりにのせたボウルにイン)

他に、クランブルを使用するマフィンであれば、クランブルだけ前日に作って冷蔵しておきます。本には冷凍保存できると書いてありますが、翌日使うのであれば冷蔵の方が良いです。冷凍すると、思ったよりカチコチになってしまってキレイにそぼろを作るのが難しいです。

果物類は、変色や劣化するので、焼く直前に処理をします。プレーンの生地をつくって、バナナ、りんご、オレンジと生地をとりわけると、1回の生地でもさまざまな種類のマフィンが作れますので、少人数の家庭で色んな種類のマフィンを焼きたい時はそんな感じで(まとめて作る→小さいボウルに小分け→それぞれのボウルにトッピングなどを混ぜる)。

以上、たくさん焼く時は参考にしてください。

 

広告を非表示にする