こどもと

くらし・絵本・おもちゃ・お出かけ・学習など育児ネタがメインの主婦系ブログです

借りてきた絵本(2016年1月3週目)

今回は幼稚園で借りた本といつもの図書館で借りたものでかなりの数があります!大半は娘の選んだ赤ちゃん絵本ですが、兄が選んだ中にかなり面白い本があったので全力でおすすめします!! 

 娘チョイスの赤ちゃん向け絵本

娘の借りるのは「とっとことっとこ」とか「おうちのともだち」とかの赤ちゃん絵本ばっかりなんだけど、今回はちょっと歳相応っぽいのも混じっていました。

さんぽのしるし (幼児絵本シリーズ)

さんぽのしるし (幼児絵本シリーズ)

 

2~3歳くらいによさそうな五味太郎先生の絵本です。さまざまなピクトグラムが「しるし」として次々と出てきます。何のしるしかな?→ページをめくる→あっ、このしるしだったんだね!と、ページをめくるのが楽しくなる絵本でした。しかけはないけど、しかけ絵本みたいな感じ。

 兄チョイスが小学生ぽい感じになってる

兄は文字が多いのとか図鑑が増えてきました。もともと長い話が好きだけど、最近は「おかーさんが読むの大変だから」と長文の本は遠慮がち。すまんね。

忍者図鑑

忍者図鑑

 

昨年末からなぜかブームの忍者。ニンニ☆ジャーとかは見せてないです(園の友達は見てる子いたけど)が、忍者のひみつ道具などに興味津々のご様子。

小学校中~高学年くらい向け?で、けっこう難しい漢字が使われていて、息子にはまだ読めないけど、イラストが沢山で眺めてて面白い。そして意味を聞いてくるのでつらい(忍び装束とは、忍者豆腐とは、うき橋とはetc 知らんがなw)。  

いたずらラッコとおなべのほし (あかね創作えほん (17))

いたずらラッコとおなべのほし (あかね創作えほん (17))

 

 昭和48年!長新太さんの挿絵がダイナミックすぎて話に合いすぎかよwって壮大な話です。説明してやれば、5歳は話が理解できた様子。ちょっとむずかしいので、対象は小学生以上だと思いますが、絵を見るだけでも面白いので娘も食い入るように見てました。

さて、本日のハイライトはこちらです!!

あっぱれ! てるてる王子 (講談社の創作絵本)

あっぱれ! てるてる王子 (講談社の創作絵本)

 

 壮大なSF仕立てです!巻末みたらスターウォーズに感化されて10歳からSFイラストを書いていたそうです。天才か。雲の中のお話が描かれていますが、これがすごく面白かったです(大人目線)。

物語は明日遠足だから晴れて欲しいなとてるてる坊主を作る兄弟の場面から始まります。しかし天気予報は台風。場面はかわって雲の上のシーンになりますが、いきなり宇宙船みたいな雲にのっている主人公?てるてる王子が現れます。半裸で。顔はてるてる坊主、上半身裸でパンツと長靴はいてます。子分?仲間?は全員ふんどしで頭にスイカみたいな帽子かぶってグダグダしてます。この絵面がすごい。

台風を追い払うために、てるてる坊主(高気圧)と台風殿下(熱帯性低気圧)がバトルをはじめます。最終的に台風は勝負に負け(温帯低気圧にかわり台風ではなくなった状態なのかな?天気のことはよくわからなくてすみません)明日の天気は晴れとなりますが、この絵の書き込みっぷりがすごい。語彙力なくて「ほんとすごい」しか言えないので、未読の方はよかったら手にとってみてください。バムとケロみたいな書き込みが多い絵本を隅々までじーっと見るようなタイプの子には特におすすめです。

天気や雲に興味をもつきっかけにもなりそうだなという絵本でした。小学生くらいになったら我が家にも1冊買って置いておきたいです。

広告を非表示にする