こどもと

くらし・絵本・おもちゃ・お出かけ・学習など育児ネタがメインの主婦系ブログです

トランスパレントで窓をデコりはじめました

 

f:id:mirareso:20151217225655j:plain

先日息子の幼稚園でクリスマスグッズの販売があり、そこで見つけたトランスペーパー。私は存在を知らなくて、単に折り紙みたいなものかな?と購入しましたが、北欧やドイツなどではクリスマス前にトランスパレントで色々な星を作って窓に飾って楽しむのが定番とのことでした。これを内職よろしくボチボチ折っては窓に貼っています。

トランスパレントって?

正方形の色がついたトレーシングペーパーをトランスパレントペーパーといい、これを正方形や長方形に切って、折って、星などの形にします。折った星を窓に貼ると、光がすけてキラキラキレイな飾りになります。紙が半透明で光を通すため、折り目が重なっている所ほど濃くなります。1色で折ってもグラデーションのように違う色が楽しめますし、2色3色と合わせるのも素敵な色合いになります。

星にして窓に貼るほかにも、ステンドグラスのように切り合わせた紙をフレームに入れれば素敵な飾りになりますし、ラッピングペーパーにしたり、ちょっとした工作も出来るようです。私はセットで購入したので、ペーパーと小冊子とフレームが入っていて、すぐに遊べるようになっていたので良かったです。

 

 ※このamazonの商品だとフレームは入っていないけど、トランスパレント用の紙でできたフレームセットも販売されています

どうやって星をつくるの?

購入したセットはこんな感じでした。冊子に載っている作品例がどれも素敵ですが、これだけ窓に貼るために何時間費やせばいいのでしょうか(白目)

f:id:mirareso:20151217230535j:plain

まずは、このペラペラのペーパーをやぶらないよう、そっと切り離します。

f:id:mirareso:20151217230640j:plain

作りたい星によって、長方形・正方形・三角形・円に紙をカットします。カットしたサイズによって星の大きさが決まります。ちっちゃくて可愛い星を作るなら、かなり指先の器用さが求められますので、最初は大きく作ります。

※写真の道具はデザインカッター・カッティングマット・ものさし、いずれもダイソー製でございますw

f:id:mirareso:20151217230841j:plain

この写真の星は、どちらもカットした紙8枚をそれぞれ折って重ねあわせた「8ポイントの星」というものです。最後は重なる部分をのりづけして星形に組んで、セロテープなどで窓に貼ります。

左の黄色い星は息子作です。子供がやると、どうしても折り目がズレてしまい、重ねた時に合わせがあいませんが、それもご愛嬌ということで。ゆっくりした親子の時間を過ごすのもいいかもしれません。1個作るのに軽く10分はかかります。まあもともとシュタイナー教育で取り入れられているとのことですから、子供がやるのにうってつけではあると思いますが、上手に作れるのは年長さん以降かな?という感じですね。

※紙は正確に切らないと折り目がズレるので、親御さんが切ってあげると良いです

また内職を続けて増えたら写真をアップするかもしれませんw

普通の飾り付けに飽きたわ~というご家庭におすすめのトランスパレント情報でした!

広告を非表示にする