こどもと

くらし・絵本・おもちゃ・お出かけ・学習など育児ネタがメインの主婦系ブログです

[木のおもちゃ]ドイツのボードゲーム、うさぎのニーノがやってきた

f:id:mirareso:20151215212810j:plain

新しいボードゲームが我が家にやってきました。ドイツのセレクタ社から発売されている「うさぎのニーノ」です。すっごく可愛いです!

今我が家にあるドイツのボードゲームはこれが2個目です。「やぎのベッポ」という射撃すごろくゲームと、「うさぎのニーノ」という、うさぎ救出ゲームです。今回はうさぎのニーノをご紹介。

 

うさぎのニーノ / Nino Conillo

うさぎのニーノ / Nino Conillo

 

対象年齢は2歳半くらい~6歳くらいかな?割と小さい子でも簡単に理解できます。うさぎの部分は、フェルトの耳と木製のボディで、手で持った感触や重さも気持ちが良いです。なんせ可愛いよっっ!! 

f:id:mirareso:20151215213211j:plain

箱には大きな穴(洞穴)と、色のついた椅子(洞穴から1段上がった場所に作ってある)があって、うさぎは20匹。サイコロ1個ついています。

f:id:mirareso:20151215214414j:plain

うさぎのニーノ君たちが、洞穴の中で水浸し!助けてあげよう!という趣旨で、ゲームのやり方は次のような感じです。

  1. はじめにニーノ君を全員箱の穴の部分に立てる(耳をつかんで持ち上げるため)
  2. 最初の人がすごろくをふる
  3. 出た目(目は数ではなく「ニーノ絵」「青」「黄」「紫」「赤」「緑」が書いてある)のイスに、箱の穴の部分に立ててあるニーノ君を1匹つかんで、移動させる
  4. 次の人がすごろくをふる
  5. もしすでにニーノ君が座っているイスの色が出れば、そのイスに座っているニーノ君はゲットできる。だれも座っていないイスの色が出れば、その色に穴のニーノ君を移動させる。うさぎの絵が出れば、穴にいるニーノ君を1匹ゲットできる
  6. 以下繰り返しでサイコロを振っていき、最終的に穴からニーノ君がいなくなったらゲーム終了。手元にたくさんニーノ君をゲットできた人が勝ち

というルールです。説明長い、すみません…やってみると超単純で、3歳でもルールを理解して楽しんでました。

 我が家がテレビ&スマホ&ゲーム無しで育児をするにあたって、夫婦で決めたことがあります。テレビゲームの代わりにボードゲームを、物をよく選んで色々買ってやろう、という事です。たとえばDSとかWiiのゲームソフトって1本3千円から5千円くらいしますよね。ボードゲームもだいたい同じくらいです。

ボードゲームも探すとかなり沢山あって、なかなかに奥が深いです。対象年齢も2~3歳くらいからできるもの、大人でも難しくて唸るようなものまで様々。ボードゲームといえばみんなで楽しくやるイメージがありますが、いわゆるRPGパズルゲームなど1人で遊べるものも沢山あります。

年齢が上がって、もう少し複雑なゲームをやるのを私も夫も楽しみにしています。

うさぎのニーノは、木の絵本とおもちゃのカルテットさんに動画でも使い方が載っていますので、リンクをはっておきますね。

www.quartett.jp

広告を非表示にする